でいとれ

サラリーマンのデイトレ日記。

8月のトレードと最近

こんにちは。

 

8月も終わり今日から9月。

 

8月のトレード収穫は、

「余計なことはしない」です。

これはずーっと今後も継続していきます。

 

9月の課題は「余計なことはしない」の継続です。笑

 

ずっと毎日トレードしていたのが最近は週3回ぐらいに落ち着きました。

 

2年もずっと毎日トレードしていると、「週3回」のトレードってめっちゃ苦痛です。

潜在意識レベルでそうなってるので、トレードしようとするんですね。

 

よくポジポジ病なんて言いますが、あれってそんな可愛い名前で片づけていては危ないと思います。メンタルでどうにかなる問題ではないよ!笑

 

なので行動で工夫するしかありません。

 

私は最近FXへの熱をそれ以外のことに逃がすことでバランスがとれてきました。

「今の仕事を辞めて自分で稼ぐ」という最終的な目標は同じなので、それがFXでも他の手段でも熱量は変わりません。(この辺のことは前の記事で書きました)

 

成功するかわからないことを信じて継続するのって本当に大変だと思います。

だからってやらないと何も変わらないし、

もう今の時代変化しないことはリスクです。

 

そして行動すれば、行動する前の自分と行動した後の自分は違います。

 

こんな時代だからこそ、自分や周りの変化を楽しんでいこうと思います。

 

それでは今月も頑張りましょう!( ^)o(^ )

FXがしたいのか?会社を辞めたいのか?

こんにちは、まっとまとです。

 

最近FXから解放されつつあります。

FXを辞めるというわけではなく、FXに固執しなくなりました。

 

「自分のルール以外、トレードしない」

 

これってよくFXの教科書とかトレードで継続的に勝っている人が提言している

印象なのですが、言うは易し行うは難しとはまさにこのことで、 

ルールを決めてても、やっちゃうよと。チャート見てたら大体チャンスに見えちゃうよと。ずっとそんな感じでした。

 

トレードスタイルを

スキャルピングデイトレードスイングトレードに分けたとして

人によって向き不向きがあると思います。

その人の性格や生活スタイル、あとはFXを始めた時にどのスタイルでトレードしていたかも関係してくると思います。

 

私の場合、FXを始めた頃はポジション保有時間は1時間~終日(宵越しは基本なし)のデイトレードでした。

そして去年の9月に今の師に出会い、スキャルピングよりのデイトレードのスタイルを練習してきました。

 

その中で無意識に「トレードは毎日エントリーするもの」という常識が埋め込まれました。

 

さらに、会社員を早く辞めたい=トレードをたくさんして稼がないと!となってしまっていたので、この考えには拍車がかかりました。

 

最初の1年~2年ぐらいはそれでよかったのかなと思います。

やっぱりリアルトレードをすることによって相場観は養われていきます。

 

ただ、そろそろ「戦略的に勝ちに行く時期」という場合は、

トレードを自己管理しなくてはいけません。

 

「どのくらいの頻度でトレードすれば1番パフォーマンスがでるのか。」

 

今までこんなこと考えたこともなかったのですが、

やればやるほど勝てるわけではないということがやっと理解できました。

 

そこから「毎日トレードしなくてもいい」が自分の今の常識になりつつあります。

潜在意識を変えるのはとても大変です。

意識して変えようとしましたが、正直無理でした。反動でめっちゃトレードしてしまう。

 

だから私はFX以外に熱中できることを見つけ、熱量をそっちに逃がすことにしました。

 

それは「会社員を辞めること」というゴールに対して前向きに取り込めることなので、すんなりと受け入れることができました。

 

なので今はまず帰宅後チャートを見て、チャンスがなければ違うことにエネルギーを使っています。するとノートレードでもやもやしていた気持ちは不思議とありませんでした。

 

つまり、FXで稼ぎたいのではなく、

「会社員を辞めるための努力を毎日したい!一歩でもゴールに近づきたい!」

というのが自分の本当の心の声でした。

 

いやぁ、これに気が付くのに本当に時間がかかりました。

がむしゃらにやっているのに前に進まないときは、1歩下がってみると違う景色が見えたりアイディアが浮かんでくると思います。

ドカンを繰り返す理由

またブログ更新久しぶりになりました。

 

なんとか、生きてます。

ここ最近のトレードとか出来事をおさらいしておきます。

 

 

まず夢のリモートワーク生活が終わりました。

残念です…4月中旬ぐらいからコロナの影響で在宅だったんですが、

先週から通勤しております。

世間ではリモートで仕事が成り立つことがわかってそのまま在宅を続けている会社もある中、弊社はなんの変化もなく戻ってしまいました。

 

それに伴い、欧州時間のトレードができなくなった!!!

それが1番つらい。ただこの期間に積んだ経験はムダにはせずこれからのNY時間のトレードに生かしていこと思います。

 

 

4月、5月はほんとにボロボロで負けに負けまくって迷走しておりました。

それもなんとか落ち着いてきて、リスクリワードや枚数管理、資金管理も冷静に判断できてきている気がします。

 

6月に入って今のところプラスですが、今週頭からあの悪魔がやってきてます。

そう、私がプラス収支になっているとあらゆる方法を使ってマイナス収支に落とし込む

でいとれボンビーです。

 

でいとれボンビー出現の弊害としては、

・エントリーが早くなる。

・エントリー回数が増える。

・優位性が低いところでトレード。

・枚数が増える。

・素早い損切ができない。

 

などなど、全力で私の月間成績をマイナスにしようとしてきます。

ほんとにずーーーーーーっとこれ悩んでいたのですが、

もう何回目やねんってぐらい経験して対処法を今試している最中です。

 

まず原因を受け入れる。

プラス収支のときって緩むんです。すべてが。

それって

 

「傲慢」「欲」からきていることにやっと気づきました。

 

 

月中ぐらいでプラス収支ってことは、連勝していたり調子がいいってことです。

つまり単純にFXをやればやるだけお金が増えるという思考に結びついてしまうんです。

 

脳がそのように錯覚すること、

これが、まじで罠でした。

 

 

 

月初~月中っていつも成績けっこう良いんです。

なぜなら、月初めは収支0からのスタート、少しでも負けるとマイナス収支です。

めっちゃ気が引き締まっている。なので変なエントリーが少ない。

 

でも月中になってくるとコツコツ貯めたプラス収支があるので、

気が緩んできます。少しぐらいエントリー早くても、優位性なくて負けても

貯金があるからいいやって。

 

この生半可なトレードは最後にはドカンにつながります。必ず。

 

その貯金を後ろ盾にして、月中以降に本当に優位性のある自分が信じたところで

枚数を増やして勝負するのはいいと思います。

 

でも、前半に一生懸命貯めた貯金を言い訳にクソトレードしていいはずがない。

 

 

クソトレードはドカンの導火線です。それに火をつけているのはいつも自分。

 

自分で作った砂の城を自分の足で踏みつぶしている行為に

やっと気が付きました。

 

 

そして何度も言いますが、原因は傲慢と欲。

「おれなら勝てるだろう、だって最近勝ってるし」

「勝てるから、もっと稼ぎたい。枚数あげよう。」

 

と、無意識に思っていたら赤信号。直近のトレードで悲惨な結果になります。

 

そしてポイントは「無意識」にこの状態に陥ることです。

自分では調子が良いと思っていても、コインの裏を返せば死神がうつります。

 

 

4月5月と自分の利益を自分の手で吹き飛ばし続けて

やっと新しいステップへと進めそうな気がしています。

 

 

人によってドカの理由は様々かと思いますが、

私と同じようなパターンの人がいれば共感していただけるのではないかと思ったのと、

あと半月耐えれるように自分の戒めのために書きました。

 

 

そして私は仕事中にブログを書くことに快感を覚えるのであった。

 

なんとか生きてます・・・

しばらくブログを更新していませんでした。

 

なぜなら、負けまくってるからです!!

もうほんと、ボロボロです。なんとか資金全損は避けていますが、

この半月で資金の30%以上飛ばしました…。

 

それで気持ちが落ち込んでブログを書く気にもなれず、負けに負けて

勝率も無茶苦茶。ほんとにひどかったです。

 

とりあえず一旦気持ちが落ち着いたので、何が起こったのか書き留めておくことにしました。

 

 

 

ことの発端はやはり、欧州時間にトレードをし始めたことかと思います。

4月中旬からコロナの影響で仕事がリモートワークになり、

おっしゃ!!欧州で稼ぎまくったるで~という死亡フラグを見事に回収。

 

そこから負けに負けて、もうギャンブルトレードしまくり。

しかも本人はそれに気づいておらず、4月の成績をトレードの先生にみてもらうと

「これ、リスクリワード気にしてる?」とめちゃくちゃ初歩的な指摘をされました。

 

まさにその通り、「リスクリワード」という単語すら忘れて乱射の嵐。

 

念願の欧州時間にトレードできるという嬉しさから、基本を全て忘れなぜ勝てないんだ!!とやけになり、負けが負けを呼び気づけば焼け野原寸前でした。

 

 

そしてわかったこと。

私はポンドをメインにトレードするので、そりゃあ欧州時間はボラも大きくなりやすく美味しい時間ではあると思います。

でも、「簡単な時間ではない」ということ。

 

ボラがあるということは、損切が甘いと損失額は一気に膨らむのでより集中しなければならない。もちろんダマシもあるし、ヒゲで狩られることもある。

それはどの時間帯も共通で基本的なこと。

 

それをお祭り気分になって、枚数を増やしたり、ナンピンもガンガンやってたら大負けしますよね。

 

トレーダーとして基本的なことができてなければ、どんな素晴らしい手法を使っても勝てるはずがありません。

 

そして欧州時間には欧州のクセがある。そこに浮かれ気分の新参者が参入していけば・・・結果は目に見えていました。

 

もしかしたら、まだまだ反省し足りないのかもしれません。

でもここまで自分で気づいたことは記録しておこうと思って書きました。

 

とりあえず5月一杯は在宅勤務になりそうなので、挑戦するチャンスはまだあります。

やはり目の前でポンドやユーロの伸びを見ると夢あるなぁってなっちゃいます。笑

 

あるFXトレーダーさんの動画から名言を拝借、

「稼ぐのではく、残す。」

これを肝に銘じて、また進んでいこうと思います。

 

 

(自分のペースに戻るまでは、しばらく収支報告はしないかも…( ;∀;))

 

4月6日~10日

先週の成績

 

6日 -32.9

7日 11.9

8日 2.7

9日 9.3

10日 -40.3

計 -49.3

 

 

勝てるときに枚数増やせず、負けるときに枚数増やす。

ダメダァアア

急にボラがなくなって、またわけわからんくなりました。

 

先週金曜日は欧州が休みとは気づかずに

「なんでこんなボラないん??どしたポンド。」

と無理にトレードして負けるし。(情報弱者やん…

 

どこが休場してるって情報大事ですね。(何年やってるねん)

いつも経済指標カレンダーしか見ていなかったので、

これからは休場情報もしっかりチェックしてからトレードしようと思います。

 

 

 

そして、私は明日からGW明けまでリモートワークです。

私が勤めている会社は零細企業+業界の雰囲気で最後の最後まで

在宅勤務に抵抗があったようです。

 

欧州時間にトレードできるのがほんまに嬉しい。

 

 

あと、今期のアニメの話。

今期豊作すぎる!!

・BNA

・本好きの下克上(2期)

かくしごと

・LISTENERS

・天晴爛漫!

・アルテ

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

かぐや様は告らせたい(2期)

 

やばい、忙しい。これに加えてどうぶつの森もせなあかんし…。

 

1話みた感じでは、BNAアルテかくしごとは間違いない感じ。

(アニメ見てない人でも全然楽しめる)

 

天晴はダークホース。

 

そして本好きの下克上はしり上がりに面白くなり続けている!!!

 

 

ノーポジ最高、在宅最強。

 

 

3月成績

3月成績です。

 

獲得 610.5pips

損失 -702.7pips

計  -92.9pips

 

でした。もうね、完全に3月27日のー367.1pipsのドカンやね。

油断したらいつでも崖から滑り落ちるということです。

とりあえず、「稼ぎたい」欲は一旦収まってます。またコツコツやっていきます。

 

 

4月は

 

1日 ₊10.4

2日 ₊27.1

3日 ₊0.7

 

と、ぼちぼちな滑り出しです。(完全にビビってるw)

 

月中まではコツコツためて、それ以降に貯金で勝負スタイルでやっていこうかなと

思っているので、これでOKです。

 

 

3月の月間通しての所感は、

ボラのおかげもあって今までにない利益を積み上げられて完全に調子乗ってドカンでした。

でもその1発を除けば悪くない成績だったんで、引き続き少しずつアップデートしながら頑張ります。

 

FX初めて2年ぐらいですが、3ヵ月以上同じ手法で取引しているのは初めてです。

今までは数回やっては違うやり方調べて・・・みたいな感じだったんで。

 

「同じやり方を愚直に繰り返す」ってことがほんまに大切なんやなって思いました。

 

同じやり方をしているからこそ、時間帯や通貨の癖、伸びるパターンや危ないときもある程度わかるようになってきたと思います。

(ドカンやっといてどの口が言ってるねんって感じですが…笑)

 

 

 

 

最近「あつまれどうぶつの森」でゲーム内の株の売買で600万儲けましたwww

ゲームじゃこんなうまくいくのになと思いつつ、株が急騰したときはFXで思った方向に伸びた時に似た高揚感がありました。

 

いや、ほんま、高揚感とか言ってるうちは全然ダメですね。笑

 

あと姉の旦那さんが証券会社で働いているんですが、「今、株買っておきなさい。」

と、助言いただいたので、投資信託を始めることにしました。

 

株の知識はほぼゼロだったので勉強中です。

FXのデイトレで資産形成して、株で運用できるのが理想です。

 

そんなうまくいくかよー!って周りには言われそうですが、

やらないと何も始まらないですので、無理せん程度にやっていきます。

 

 

負けトレードを撲滅する

負けトレードを徹底的にやっつけようと思います。

 

その前にまず、現状自分の中での最高のトレードを定義すると、

 

「通貨相関を把握し、それが効いている通貨を見つける。

その通貨の個別チャートの押しや戻しを、

狙っていたポイントから設定している枚数を躊躇なくエントリーする。

さらにボラのある時間帯でエントリーから決済までが30分以内である。」

 

これが現時点で100点です。

正直すべての条件がそろうことは稀なので、いつも平均80点ぐらい。

でも自己評価が80点ぐらいあれば勝てることが多い。

 

勝ち方は安定してきている。

だが現状資産は増え続けてはいない。なぜか。

鉄板の「負けトレード」が収支をプラスにするのを邪魔している。

 

じゃあこいつを撲滅したらいいやん。

0にはできひんくても、0にするぐらいの気持ちで取り組めばいい。

 

 

 

そして、ここ数ヵ月の負けトレードから自分のパターンを分析。

 

f:id:tgu_mat:20200403141108j:plain



検証してわかったのは、相場がどうこうより、

トレードに対して取り組む自分の気持ちが真の原因っぽい。

 

図の左側が取り組むときの気持ち、

右側がそれによってもたらされるデメリット。

 

大きく分けて

【稼ぎたい】

【取り返したい】

【連勝中】

【疲れている】

の4つのパターンに絞れた。

 

 

普段は平常心でトレードできているのに、なぜこんな気持ちになるのか。

さらにメンタルの起源を探る。

 

 

 

 

 

【稼ぎたい】

仕事を早く辞めたいなど、仕事で嫌なことがあったときや仕事に行きたくないときなどに発症する。専業ないし時短勤務で働きながら兼業トレーダーとして稼ぎを得たい。自由になりたい渇望から陥る。

 

対策⇒トレーダーの本当の姿を知る。短期的に大きく稼げることより、継続的にコツコツ利益を積み重ねていくことがプロであり、目の前の欲に飛びついてはならない。自制。

デイトレード」や「ゾーン」などを何度も読み返し、トレード技術よりもメンタル面を潜在意識から変えていく努力をする。「稼ぎたい」と思っていることが遠回りなのだといい加減気づく。

 

 

 

 

【取り返したい】

ドカン負けや、納得のいかない負けから発症する。具体的には損切後の無計画ドテンや、優位性の低いところで無理やりロットを増やして入り直すなど。

【連勝中】に負けると高確率で取り返したいが発動する。クソみたいなプライドが損切を許容できずにいる。

 

対策⇒ドカン負けをなくす。そのためには【稼ぎたい】、【連勝中】、【疲れている】に陥らないこと。負けない限り発症しないので、2次的被害に分類する。

 

 

 

 

【連勝中】

月中~月末にかけて発症することが多いが、月初でも3連勝以上続くと発生する場合がある。連勝数が大きくなるにつれて発生確率は上がる。【連勝中】に【稼ぎたい】が合わさると月の利益をすべて吹き飛ばす「ビックバン損切」が発生し、すべては焼け野原へと帰す。

 

対策⇒【稼ぎたい】と対策は似るが、とにかくコツコツ利益を積み上げることを常に意識する。「おれはスゴイ」と街を歩く他のサラリーマンを見下し始めたら赤信号。その日の晩、もしくは週の内にはビックバンをくらい自分のことをミジンコ以下の存在だと悔い改めるような負けに対峙しているだろう。

(3月下旬にくらったのはまさにコレ)

 

 

 

 

 

【疲れている】

心身どちらも、またはどちらかが疲弊しておりトレードなどできる状態ではない。

【疲れている】だけの場合だとそのままノートレかゲームして寝るので問題ないが、これに【稼ぎたい】が合わさると判断能力のないままロットを上げて爆死なんてことは安易に想像できる。原因としては寝不足が多い。

 

対策⇒とにかく疲れているときはやらない。いつも通りチャートを開いたときに「あれ?なんか眠いな…」というときはやめてゲームする。地味だが英断。無駄な負けトレードが減るので、その決断は月トータルの利益に効いてくる。酒を飲んで無理やりトレードできない状態にするのもアリ。

 

 

 

 

 

 

さぁ~~~~って!!

負け原因を整理してみましたが、シンプルなようで色々絡み合ってました。

でも順番に紐解いてあげることで、根本的な部分が浮き彫りになりました。

 

 

結局「稼ぎたい」って気持ちが前にでてきたときに、連鎖的に悪い方向へいくような気がします。

 

いいやん「稼ぎたい」って思っても。

金がほしいんや。

 

 

 

 

 

 

でもダメなんですねえええええええええええええええ・・・・

トレードにおいてはそれが命取りになるんですね。

 

 

あくまでこれはすべて自分のトレード日誌から検証した結果ですが、

他のトレーダーさんも共通するところってあるのかもしれませんね。

 

 

 

チャートを見ていないときには色々建設的なことを考えれるんですが、

いざチャートを目の前にすると普段考えていることや気を付けていることの

半分ぐらいは意識飛んでると思います。

 

なので、もうそういうものだと割り切って、何度も何度も頭に刷り込んでいくしかないですね。

普段意識していることを、トレード中に無意識にできている状態が理想です。

それまでは作った図をチャート画面の近くにでも貼り付けてやろうと思います。

自分の「症状」に気づいて対処法を知っていれば未然に防ぐこともできる。

 

 

~まだまだ負けトレードの撲滅は続く~